1. HOME
  2. 訪問歯科診療

訪問歯科診療

大切な口腔ケア

食べることは健康維持の基本であるのと同時に生きていく上で大きな楽しみのひとつです。噛んで、味わって食べることは、最後まで人間らしく生きていくために大変重要なことです。すぐに普通の食事と言うわけには行きませんが、歯を治療したり、入れ歯を治すことで、少しずつ硬めの食事が食べられることになります。
また、寝たきりの状態になると、自分で口をすすぐこともままならず、口の中の衛生状態が悪くなり、物が上手に飲み込めず、誤って気管の方に入って、肺炎を起こしやすくなるのが問題になっています。
こうした事が起こらないように予防するのを、口腔ケアと言います。
東区歯科医師会では、在宅歯科診療(往診)を希望する方々のための窓口として「連携室」を設置しております。東区歯科医師会員が、お体が不自由で通院が不可能な方のお宅へ往診に伺うことで、お口の清潔維持、健康回復の一助になればとの思いです。東区歯科医師会 在宅歯科診療連携室を是非ご利用下さい。

歯科の往診について

寝たきりの方や、病気で通院困難な方のお宅、あるいは施設に訪問して、歯科医師が歯科治療や口腔ケアを行います。また、歯科治療だけでなく、寝たきりの方のお口の中の手入れについて、ブラッシングや義歯(入れ歯)の手入れについての指導等をおこないます。

往診歯科相談窓口

・なかの歯科 電話(052)936-3408
なかの歯科休診日(木・日・祝)は対応できません。
診療時間中は対応困難なことがあるため後ほどかけなおしすることがあります。

お申し込み方法

かかりつけの東区歯科医師会員の歯科医院へお問い合わせいただくか、在宅歯科診療(往診)依頼書をダウンロードしていただき、下記送信先までFAXにて送信をお願いします。

連携室の流れ

在宅歯科診療(往診)依頼書

「依頼フォーム」に入力して送信いただくか
依頼書(Word又はPDF)下記ボタンをクリックしてダウンロードして下さい

FAX送付先:東区歯科医師会 在宅歯科診療連携室:FAX (052)880-0111